« 合同練習な日々 | トップページ

コロナだからわかった事

世の中は悪いコロナの存在で、混乱していますね。こんな日が来るとは思ってもいませんでした。

でも、だからこそこんな事も感じることができました。

音楽は人々の心の支えになる。

コロナの影響でやむを得ずお教室も二週間お休みになり、再開の連絡をさせて頂いた時に、思いがけず保護者の方から嬉しい声が届きました。幾つか紹介させて頂きます。

「○○がとてもとてもレッスン楽しみにしています😂😂。毎日きらきら星楽しい!とせっせと練習してお風呂でも口ずさんでました☺️外にあまりでられず、お友だちにも会えずストレスがたまるなか、ピアノがあって本当によかったです」(小学3年生お母様より)

ピアノを愛する者にとって、何よりの言葉でした😊😊😊😊

モーツァルトのきらきら星変奏曲、難しいですが楽しく練習してくれている様子がうかがえるメッセージに心が温かくなりました。ありがとうございました(*^^*)


「○○は、今ピアノ弾く時間がたくさんあるのでたくさん弾いてます😁他の曲も弾いたりしていて、たぶん今一番楽しんで弾いているかも?と思います😁なんのプレッシャーもなく、純粋に楽しんでいる気がとってもします😄勉強に追われてる予定だったので、まさかこんなに練習する時間があるなんて~って感じですよね😅でも学校がはじまったらまた忙しくなっちゃうので、今弾きまくってもらって、貯金しておいてもらいたいと思います😁」(高校2年生のお母様より)

4月から高校3年生になるこの生徒さんは、ピアノを本当に大好きになってくれて、今ショパンの「別れの曲」を弾いています。年中からのお付き合いなのでもう何年になるかな(笑)、言うまでもなく愛弟子の一人です。最近では「おっ、そんな風に弾けるようになったかぁー」っと、なんとも言えない吐息の様な音色を出すこともあり内心ニマニマしてます。

大学受験に向けて勉強が忙しいにも関わらず「ピアノがストレス解消」といつも思ってくれているので、嬉しい限りです!音楽愛好家としてこれからも共に音楽を楽しみましょうね(*^^*)


「お世話になっております。レッスンの再開、承知致しました😌子供達、歓喜の声をあげておりました。先生方も、この情勢の中、ご対応、ご決断など、大変なご苦労があったかと…。手洗い、うがいなど、いつも以上に気を付けるよう言い聞かせて出席させるようにします。来週のレッスンを、親子ともども楽しみにしています✨」(小5 小2 年長姉妹弟のお母様)

気遣いも細やかなお母様で、この「歓喜の声」という言葉に全てが表されています。子供達、いつも心から全力でピアノが好きで発表会があるといえば「いぇーい!やったね!!!」「よっしゃーーー!」「毎日でもピアノ来たい!!」って毎度歓喜の声なんです(笑)

文字を読んで子供達の歓喜の声が目に浮かび、くすくす笑いが止まりませんでした。お姉ちゃんは幻想即興曲、妹はアングレーズ、小さな黒人を弾いています。ピアノが大好きになってくれて本当に嬉しいです(*^^*)


この生徒さん達だけではなく、みんなレッスン再開を楽しみにしてくれていて、その証拠に練習が沢山できているんです!!

学校にも行けず、どこにも行けず、子供達のストレス、お母さん達の疲労もピークに達していると思います。

でも、そんな中、こうしてピアノに向かって楽しい時間を過ごしてくれているなんて、本当に本当に幸せです。

音大志望の生徒さんや音大生、ピアノを職業にしている生徒さん達は日々、ピアノと対峙していくのは無論ですが、そうではない子達が「ピアノのお稽古(受動的)」から「本当の意味でのピアノが趣味(能動的)」に変わってくれる瞬間こそが私の一番の喜びです。

音楽は人の喜怒哀楽に寄り添い、エネルギーを放ちます。

こんな時だからこそ、音楽が生徒の皆さん一人一人の心の支えになってくれていることを再確認でき、私の心は喜びに満ち溢れています。

(田邉陽子)

|

« 合同練習な日々 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 合同練習な日々 | トップページ